[エブリデイイングリッシュ]テキストについて。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エブリデイイングリッシュ テキスト「エブリデイイングリッシュ」にはテキストがあります。
今回はテキストがどんな感じなのかをご紹介。
(私が購入したのは、2010年1月に販売されていたものです。)

大きさはA5サイズっていうんですか?
A4サイズの半分の大きさ。

テキストは1冊で、これにCD6枚分の教材の英文と日本語訳が収録されています。
あ!あと「学習のご案内」という、教材の案内が3ページほどと
「特別収録」として「実用 英語ことわざ・格言・名言集」というのが5ページあります。

CD6枚分全部が1冊にまとまっているため、ページ数もそこそこ。
全部で194ページあります。

持ち歩くとなると…意外に荷物になるんじゃないかな。

エブリデイイングリッシュ テキストでもこのテキスト。
基本は使わない方向で聞き流しを勧められています。
なので、通勤電車の中で聞き流しがしたい!って方も本を広げなくていいし、
重いテキストを持ち歩かなくても大丈夫。

私の場合、家で聞くことがほとんどでしたが
「学習のご案内」は始めるときに読んだらその後はあんまり読み返さなかったし、
「実用 英語ことわざ・格言・名言集」は息抜きで読めばいいんじゃないかなーと思ってたので
実際はテキストをじっくり使うってことはあまりありませんでした。
気になる部分をチェックするのに使ったり、気分転換に眺めたりしてました。

ということで。
テキストは付属しているものの、結構なページ数でちょっと重い。
でも持ち運ぶ必要はないので、家に置きっぱなしでも大丈夫。
…そんな感じです(笑)。

さて。このテキスト。
基本は使わないことになっているんですが、一緒に同梱されています。
聞き流している時に使わないのなら、いつ使うんでしょうか?

私は「何度聞き流しても聞き取れない時」に気になってテキストを覗いたりはしてました。
でも、公式サイトには

「英語耳と英語の思考回路」が身についてから、テキストを見直してみてください。
それぞれのポイントが分かりやすく解説してあります。自分でも驚くほど理解が早くなっているはずです。
(公式サイトより引用)

と書いてあるので、私のように「気になるから…」とテキストをチェックするのではなく、
英語を英語で理解できるようになってから、補助的に使う…という使い方をするのがいいようです。

うーん、難しい位置づけですね(笑)。

いつ使うべきか?というのがちょっとわかりづらいですが
「基本は使わない」ということを頭に入れておけばいいんじゃないかなー、と勝手に解釈しています。

*****

テキストも使わない勉強法のエブリデイイングリッシュ。
詳細はこちらからご確認いただけます。→エブリデイイングリッシュ

その他ショッピングサイト等利用されたい場合は↓こちらから検索できますので、気になる方はどうぞ。

by カエレバ