[スピードラーニング]第1巻「日常英会話」・第2巻「旅行の英会話」体験記。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スピードラーニング英語 第1巻・第2巻スピードラーニング初回セットに入っている第1巻・第2巻を聞いた感想です。

○第1巻収録内容
あいさつと紹介/朝食で/お見舞い/…など全8話。
仕事で日本に引っ越してきたミラーさん一家と伊藤さんとの会話です。
親子の会話や、ミラーさんの息子と伊藤さんの息子がお互いの国の違いを話していたり。
本当に「会話を聞き流す」という、スピードラーニングらしさを感じられた教材です。

英語→日本語CD収録時間:約49分
英語のみのCD収録時間:約15分

○第2巻収録内容
機内で/空港で/ホテルで/…など全10話。
入国審査の場面やホテルのチェックインなど、海外旅行に使えそうな会話でした。
私にはなじみのない「チップを渡す」シーンなんていうのも興味深く聞けました。

英語→日本語CD収録時間:約54分
英語のみのCD収録時間:約16分

<聞いていた当時の感想>
初回セットから教材2つを1か月で聞くことにちょっとびびりながら始めたスピードラーニング。
当時の感想をまとめ直してみました。

*****

スピードラーニングの初回セットには第1巻と第2巻2つの教材があります。
来月には次の教材が来るということは、2週間で1つの教材を…という計算になってしまいます。

でも、それは無理な話。
「好きなタイトルを好きなように聞けばよい」というアドバイスもいただいたので、4週で何とか聞けばいいかーと思っていました。

最終的には
1週目で1巻の英語→日本語版のCD
2週目に1巻の英語のみのCD
3週目には2巻目の英語→日本語版のCD
4週目に英語のみのCD
4週後半くらいから1巻と2巻の英語のみのCDをランダム再生。
というように実行。
初回セットということもあって、気合が入っていたのか結構ハイペースで聞けました。

スピードラーニングは基本は会話なので
聞いているうちに「人の会話を延々聞いている」という気持ちになってきます。

会話だと頭に残りやすいのか、比較的早く日本語の内容を覚えられます(特に「覚えよう」と意識はしていません)。

日本語の内容を覚えたなーと思った頃に試しに英語のみのCDを聞いてみたところ、
最初は「(話しているスピードが)早いなー」って思ったのですが、
時間が短いため何度も聞けるので、聞いているうちに聞き取れる内容が増えてきます。

この過程、大げさに言えば
「リスニング力、あがってる?ちょっと成長してるかも♪」と自信になります。
そうなると楽しいです。

ただ、本当に聞き流しているだけなので、正確には聞き取れていない言葉もたくさんあります。
でも、聞き取れないままスルーしてます。
わざわざその都度テキストを確認しなおしたり…ということはしていません。
内容がわかればいいか♪というくらいの気持ちで進めています。

また、スピードラーニング英語はリラックスして聞けるようにバックミュージックでクラシックがかかってるんですが。
私、2巻目のCD聞いていると寝そうになります。
(1巻と2巻ではかかっている音楽が違いました)

リラックスできるということを逆手にとって、家事の間や作業中だけでなく
寝る前のストレッチの際にも聞くようにしました。

*****

聞き終えた当時の感想は以上です。

エブリデイイングリッシュで少し力みすぎていた感があったので、
スピードラーニングは「リラックスして聞こう」と聞き始めました。

最初は2つも教材があることに若干不安を感じていたものの、
内容がそれほど難しいものではなかったので、力まず聞けたように思います。

そんな初回セットの教材。
これまで(現時点で)スピードラーニングを12巻まで聞きましたが、第1巻を聞いた回数が一番多いと思います。

もちろん、最初だから気合を入れて聞いた…ということもあるんですけど、
スピードラーニングを聞き続けてある程度経った時に
「どれくらい聞き取れるようになってるかなー」と進歩してるかどうかの確認としてよく使うんです。

聞き始めた当初より聞き取れるように感じられると、
「あー、ちょっとずつでも進歩してるんだなー」と実感できるので、またモチベーションが上がるんですよね。

そんな意味でも、この初回セットの教材は長いこと活躍してくれます。

*****

スピードラーニングの詳細は↓こちらからご確認いただけます。

※モバイルの方はこちら→スピードラーニング英語