[スピードラーニング]試聴用(サンプル)CDの内容と感想。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スピードラーニング 試聴用CD機会をいただいて、2010年7月にスピードラーニングの試聴用CD(サンプルCD)を聞きました。
今回は試聴用(サンプル)CDがどんなCDだったのかをご紹介。

試聴用(サンプル)CDの構成は、27分程度/3トラック
1.スピードラーニングの学習方法について(約3分)
2.教材抜粋 英語→日本語(6つのストーリー・約18分)
3.2の同じ内容を英語のみで収録したもの(約6分)

1.スピードラーニングの学習方法について(約3分)
スピードラーニングの学習方法についての案内。
その中では「聞き流すこと」が強調されていました。

「音楽を聴くように聞く」だったり「意味を考えないように」というように
「聞き流す」ってこんな感じだよーと、具体的に表現した上で
「聞き流すだけでいい」という、教材の特長について語られていました。

2.教材抜粋 英語→日本語(6つのストーリー・約18分)
続いて教材を抜粋したもの。

最初に「ポンッ」という音が入り英語が流れ、その後に日本語。
「ポンッ」という音で英語を先にキャッチさせる点、
すぐに日本語が流れてくるから意味が分かるので辞書がいらないっていう点も、スピードラーニングの特長です。
(※これはエブリデイイングリッシュも同じ。)
実際の教材と同じように、会話が流れてきます。

ストーリーも「ホテルへ行くまでのタクシーでの会話」・「ジーンズを買う」といった
旅行や短期滞在に使えそうな会話が進むストーリーから
ハロウィンやクリスマスの時期の日常シーンでの会話までありました。

会話にストーリー性があって、意外に楽しめました。

3.2の同じ内容を英語のみで収録したもの(約6分)
最後は英語→日本語の6つのストーリーを英語のみで収録した内容。
エブリデイイングリッシュでいう「イングリッシュオンリー」です。

実は…初めて聞いた時「あれ?結構早口(汗)?」と思ってしまいました。
そう思うもつかの間、英語だけの会話がポンポン進んでいき、あっという間に終了。
初回はなかなか聞き取れず、ちょっと落ち込みました(笑)。

*****

27分のCD、初回は意外とあっという間に聞き終えられました。
その後は最初の案内を飛ばして2と3をリピートで聞きました。

「最初は1回5分からでもいい」と紹介されていますが、
内容も楽しめたしテンポも良かったので、初めての方でも5分はあっという間で無理なく聞けると思います。

私が今回いただいた試聴用(サンプル)CDは、初回セットに同梱されているもの。
10日間の無料試聴期間にこのCDを聞いてみてから、購入するかどうかを決めるという流れになっています。
もちろん、合わないと思ったら返品してOK(同封の教材は未開封で・10日以内)

実際に試聴用(サンプル)CDを聞いて思ったのは、
この10日以内なら返品できるっていう点はフル活用したほうがいい!!ということです。

当時、3日ほど1日3回程度聞いていましたが、
1日目よりも2日目、2日目よりも3日目の方がより聞きやすくなっていました。
最初の説明部分で、
「5回聞いて!」というようなお話があったんですが、そう紹介されていたのも納得。
聞けば聞くほど聞きやすくなってきます。
こうなってから「続けられるかどうか」を判断するのがベストだと私は思います。

*****

これまで「聞き流す」タイプの教材を使ってきて感じたことなんですが、
聞き流すことに慣れてくると、聞くことが苦痛じゃなくなってきます。
そうなると続きやすい。

でも、慣れてきても聞き流すことが苦痛に感じる人もいるかもしれない。
そうなると続かない。

どう感じるかは、人によって違います。

どんな教材でもそうでしょうが、「続ける」ことが一番大事です。
何度も何度も聞いてみて、「続きそう」と思えるかどうか。「苦痛だ」と感じるかどうか。
無料試聴期間の間に見極め、そこから購入するかどうかを考えれるのが一番いいと思っています。

スピードラーニングの場合は、まずはこのサンプルCDを何度も何度も聞く。
無料試聴期間をフル活用することをオススメします。

スピードラーニングの詳細は↓こちらからご確認いただけます。

※モバイルの方はこちら→スピードラーニング英語