英語で話しかけられる夢を見た。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旅先で観た夕日久々の更新。今日は独り言を(カテゴリに「雑記」を追加しました。)。

先日、旅先で夢を見ました。

バスで隣の席に座った海外から来られた方に、英語で突然話しかけられました。
でも、早くて何を聞かれたのかよくわからない(汗)。
「最近、エブリデイイングリッシュもスピードラーニングも全然聞いてないから、余計ついて行けない!!」とすっごい焦りました。

焦り戸惑う私に、違う言い回しで聞き直してくるおじさん(ええ、年配の男性だったのです)。
それに対して、片言ながら英語で返す私。

その後もおじさんとやり取りを続けていたんです。夢の中で。
一生懸命、お返事してたんです。夢の中で。

そしたら…夢の中で自分なりに一生懸命頭を働かせていたようで
だんだん頭が冴えてきてしまい、ついには目が覚めてしまいましたorz

夜中の3時の出来事。
その後もしばらく寝付けませんでした(笑)。

*****

翌朝、この出来事を思い返して
夢の中でだったけど、うまく話せないなりに英語でやり取りしてたなー…と思うと
「上手に文章で話さなくても、言いたいことは伝えられるんじゃない?」とふと思いました。

まぁ、夢の中での話だし。
私が勝手に伝わってる、話が続いてると解釈してただけなんでしょうけど(笑)。

でも現実は…私は心のどこかで
「ある程度のちゃんとした文章で英語を話さないといけない」
って思ってしまっているんだと思います。

そういう気持ちがあるから、
ちゃんとした文章で話せない=英語を話せない、と思ってしまう。
話せないと思うから、一言でも英語を口に出すことにすごい勇気が必要になってしまう。
勇気がなかなか出ないから、英語を口に出すことができない。
…こういう悪循環に陥っているのかもしれません。

でも、旅先で見た夢を思い返すと
この悪循環を断ち切るためには、
「うまく話せなくても、話すことで伝わる部分もあるはず!!」
って、ちょっとでも自信を持つというか思い込むことも大事なのかもしれない。
そんな風に思えてきました。

なんかね、夢に教わった気分です(笑)。

*****

こんな出来事があったので。
何となくながら、また英会話のCDを聞き流し始めてます。
おじさんに話しかけられた時に聞き取れなかった悔しさ、これも挽回したいとも思ったので。
夢の中なのに結構悔しかったんですよ、実は(笑)。

もう少し落ち着いたら、休止中のスピードラーニングを再開しようと思っています。
その時にこの夢を見て思ったことを胸に、フリートークにもチャレンジできるようになりたいです。

今日の記事は、この気持ちを忘れないようにするための自分メモでもあります(笑)。