[エブリデイイングリッシュを一通り終えて]教材・内容について思ったこと。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エブリデイイングリッシュ 4つの教材2010年7月に聞き終えた「エブリデイイングリッシュ」の教材・内容について思ったことがありました。

○「英字新聞」「英単語」について
何度か記事でもご紹介していますが、
エブリデイイングリッシュには「英会話」「リスニング」「英字新聞」「英単語」という4つの教材が収録されています。

収録されている分量としては「英会話」が一番多く、
買い物や人に何か尋ねるセリフ、ホテルのチェックインなど
旅行に使えそうな内容も収録されていて、実際使ってみたいと思える表現もたくさんありました。

「リスニング」も英語を聞く練習には(英会話初心者の私には)ちょうどいい~少し難しい??というレベルでした。
これも個人的には好きでした。

ただ、正直言いまして。
「英字新聞」と「英単語」のコンテンツは私には必要ないと思いました。

「英字新聞」は高度すぎて、幼稚園児がニュース聞いているような感じでほとんど理解できなかったし、
「英単語」も「英字新聞」に関連した単語だったり、普段使わなさそうな単語も結構あり…
単語だけ聞くことにあまり魅力を感じなかったです。

もちろん、単語を知るってことは大事だと思います。
多くの単語を知っていることで、乗り切れる場面だってたくさんあるだろうし。

だから、「英単語」の教材自体を否定しているわけでは決してありません。

ただ「今習得したい英語」を勉強するには、
「英字新聞」と「英単語」に費やしている時間を「英会話」や「リスニング」に費やしたい…と思ったんです。

逆にちょっと難しめの聞き取りの練習をされたい方には「英字新聞」のコンテンツは良さそうですけどね。
※ただし私には「英字新聞」のコンテンツのレベルが高いのか低いのかはわかりません。

この辺りは各個人の求めているものによって違ってくるんだと思います。
私は「あんまり必要を感じなかった」ということです。

○2段階スピードについて
エブリデイイングリッシュは「高速スピード→通常スピード」という2段階の速さで英語が収録されているのですが、この構成は良かったと思います。
というか、お気に入りでした。

高速スピードで英語を聞いた後に通常スピードで英語を聞くと、非常に聞き取りやすい。
それでも聞き取れない時もありますが、繰り返し聞くことで慣れてきて聞き取れるようになってきました。
(聞き続けても無理な時は、テキストを見て解消してました)

この構成自体はとってもお気に入りだったんですけど…。
1点だけ不満が。

「高速→通常」で1トラックになっていればいいんですが
「高速スピード」で1トラック・「通常スピード」で1トラックとなっているため、ランダム再生すると意味を成しません。

気分的に、たまには違う順番で聞いてみたい!って思うこともよくあったんで、
この順番のまま聞き続けるしかない、というのは残念でした。

とっても細かいことですが…実はめちゃくちゃ残念に思ってたりします(笑)。

*****

私が体験したのは過去に発売されていた「エブリデイイングリッシュ」です。
現在発売されている「エブリデイイングリッシュ2」は教材が変わっていて、
公式サイトをみると「英単語」と「英字新聞」の教材がなくなっているのかな??と思える記載があります(未確認)。
詳細はこちらからご確認ください。→エブリデイイングリッシュ

その他ショッピングサイト等利用されたい場合は↓こちらから検索できますので、気になる方はどうぞ。

by カエレバ