スピードラーニングの教材の構成

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スピードラーニングの教材の構成エブリデイイングリッシュは4つの教材で構成されている、と以前記事にしました。
では『スピードラーニング英語』(以下「スピードラーニング」)はどうなんでしょうか?

スピードラーニングは英会話のみです。

基本は毎月1巻ずつ送られてくるシステムのスピードラーニング。
1巻には1つのタイトル・テーマがつけられていて、
CDにはそのタイトル・テーマに関連した会話がいくつか収録されています。

スピードラーニング英語 1巻 各パートのタイトル例えば、第1巻のタイトル・テーマは「日常英会話」。
このタイトル・テーマで8つの会話が収録されています。

「日常英会話」と言われても、内容がどんなものなのか想像つきにくいかもしれませんが…
例えば、↑こちらの写真の下から3番目にある「BAKING A CAKE」では、お母さんが娘にケーキの作り方を教えているそのやりとりが収録されています。
日常でのちょっとした場面の会話、ということですね。

巻によってテーマは異なりますし、収録されているパート(会話)数も違います。
この記事を書いている時点で私は12巻まで聞きましたが、
巻によって1巻に4~17と、収録されているパート(会話)数はバラバラでした。

CD1巻あたりは英語→日本語CDで大体1時間程度、英語のみのCDだと15分程度です。
1つのパートで英語→日本語が2分弱~、長いものだと19分以上ありました。
短い会話もあれば、長い会話もあるということですね。

スピードラーニングは本当に「会話だけ」。
英語でコミュニケーションを取ることが目標で英語を勉強したい人にとっては、
「会話だけ」の聞き流しは楽しくできそうかな?と思います。

*****

スピードラーニングの詳細は↓こちらからご確認いただけます。

※モバイルの方はこちら→スピードラーニング英語